HOME>半田手延べそうめんのご紹介

半田手延べそうめんのご紹介

半田そうめんのご紹介

半田そうめんの歴史は古く、実に200年の伝統を誇っています。

半田そうめんの起こりには諸説がありますが、江戸時代中期の藩政時代、徳島の城下町から麻植・美馬そして上流の三好地方への物資の運搬は、もっぱら拾石船に頼っていました。半田そうめんは当時その川舟の船頭衆たちの手によって、三輪の方から淡路そして鳴門を経て半田の里にその秘法が伝えられ、そうめん造りに好適な、この地の風土・気候と相まって次第に半田の産業の一つとなったといわれています。

四国山脈から吹き降ろす冷たい風と、吉野川の澄んだ水。そして良質の小麦から作られる、半田の優れた風土を象徴する特産品「半田そうめん」。

全国的にみても最高級の品質を誇る逸品で、その独特の味は一度食べたら忘れられないほど。 半田そうめんの特徴は、半田そうめん音頭に「コシの強さにノドが鳴る」と歌われているように、やや太めでコシが強いことです。

半田そうめんの特徴

▲兵助日記
江戸後期に当時の半田を記録した日記。
偶然発見され解読された、年代見聞録。

■麺の特徴

半田そうめんといえば「太い麺」と言われています。麺の太さで区分する日本農林規格(JAS)では、半田手延べそうめんは「ひやむぎ」に分類されるのですが、半田手延べそうめんの場合、江戸時代より続く伝統と麺文化の地域性が認められ、特別に「そうめん」と表記できることとなっています。太い麺からうまれる独特の麺のコシが人気の理由です。

麺の太さで区分する日本農林規格(JAS)では、半田手延べそうめんは「ひやむぎ」に分類されるのですが、半田手延べそうめんの場合、江戸時代より続く伝統と麺文化の地域性が認められ、特別に「そうめん」と表記できることとなっています。

■製麺所毎の特徴

つるぎ町半田には多数の製麺所があり、製麺所によっては300m近い標高差が生じるため、各製麺所により塩加減、水加減、熟成時間、乾燥時間等が微妙に違ってくるため、できあがった手延べそうめんには製麺所独自の味が出てきます。製麺所毎に違うそうめんの味を比べていただくのも、半田そうめんのお召し上がり方のひとつです。

また各製麺所において、小麦の種類・配合、塩にこだわりをもっているため、同じ半田手延べそうめんでありながら、麺の味わいが微妙に違っている。そのことにより他の産地には見られない製麺所のブランド化が生まれています。

オリジナル商品 入魂

カートを確認する

FAX注文用紙

お買い物ガイド

ご注文方法

熨斗の有無

お支払方法について

送料

配達方法

顧客情報の順守

キャンセルについて

返品

その他